三大ED治療薬の比較

現在、日本で認可されているPDE5阻害薬には、「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3種類があります。この3剤の何が異なっているか?ここでは、三大ED治療薬の効果を比較しています、是非ご覧下さい!

バイアグラ、シアリスやレビトラが国内で承認されているED治療薬で、これらを3つの薬を3大ED治療薬と呼びます。

・バイアグラについて・
バイアグラは、世界で初めて販売された勃起不全を改善する薬として発売されました。有効成分のシルデナフィルが配合されたこの薬は、第1世代のED治療薬と呼ばれています。有効成分であるシルデナフィルクエン酸塩が食事の影響を受けやすいため、服用は食後2時間以上あけることが推奨されているのが特徴です。服用してから30分ほどで効果が出はじめ、2、3時間持続します。ただし、食後に服用すると、効果が出難いという欠点もあります。

・レビトラについて・
バイアグラの後に開発されたものがレビトラという薬です。服用15分後効果が出るのが期待出来るED治療薬です。レビトラ錠を服用すると、一時的に勃起不全を改善できて、勃起時間が延長できるようになります!主成分の「バルデナフィル塩酸塩水和物」は水に溶けやすい性質があるため、即効性があます。食後でも問題ないとはいえ、空腹時の服用が最も効果があるため、最大限の効果を体感したい際には食前に服用するとよいでしょう。

・シアリスについて・
シアリスは、男性の勃起不全に利用されるED治療薬で、ホスホジエステラーゼタイプ5(PDE5)の阻害剤です。有効成分は「タダラフィル」といい、この成分は分解されるのが非常にゆるやかなため、効能がじんわりと浸透していきます。これが大きな特徴である、長時間の効果持続時間です、なんと36時間と言う驚異の効果の持続性を持っています。 他のED治療薬と違い、食事の有無に関わらず服用が可能な薬のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です